人それぞれの子育て

子育ては、本当に家庭によって違うと思ってしまいます。
教育熱心で子供が小さいころから塾に通わせたり、受験して私立の幼稚園や小学校に通わせたりする親も少なくありません。
少子化ということもあって、一人の子供にたくさんお金をかける人も増えています。

両親だけではなく、祖父母も子育てに加わっているという家庭もあるでしょう。
最近は核家族化でなかなか祖父母が子育てに加わることはないかもしれませんが、祖父母に子供を見てもらえたらって思っている人も多いのかもしれません。
とにかく教育にこだわっているという家庭もありますが、まったく逆でのびのびと育てるようにしているという家庭もあります。
子供がのびのびと遊べるように休みの日には、いろいろなところに子供を連れて行って、たくさん遊ばせるという育て方をしている人もいます。
親も一緒になって遊ぶことで、きずなも深まるでしょうし、危険を回避することだってできるはずです。

ここで大事なことは、親が間違ったことをしないということです。
マナー違反をする大人も多いのですが、親子そろってマナー違反をしてはいけません。
子供が間違ったことをしたら親が注意するのが当たり前なことです。
しかしそれを怠るどころか、マナー違反を親子そろって行うようでは迷惑な人間になるだけです。
自分のことしか考えないという人間にならない為にも、親は子供のお手本になるように正しいことをしましょう。
そうすると、子供は親の背中を見て育って、立派な大人になれるはずです。

子供は勝手に育つというものでもありませんので、間違えたときはなんでも教えてあげましょう。
また、どんどん子供と話をするということも大切なことです。
子供が話をしているときに、親がそっぽを向いていたら、子供はとても寂しくなってしまいます。
そんなことが続いてしまうと、子供は自信を無くしてしまうでしょう。

子供に自信を持たせることができるのも親です。
保育園などで親よりも保育士のほうが一緒にいる時間は長いかもしれませんが、一番子供のことを見ているのは親でなくてはなりません。保育士の場合は、沢山の子供を一度に見ていますが、親の場合は違います。
自分の子供を見ているわけですから、子供にとってはとても大きな存在であるということを頭に入れておきましょう。
子育てに正解は一つだけということもないでしょうから、あまり肩に力を入れすぎないことも重要です。

毎日の育児に疲れ、ショッピングやギャンブルで借金を作ってしまった親は、そのことを子供に言えるでしょうか?
自分の間違いは子供に知らせたくないのが親心ですね。
ましてや離婚なんてもっての外。
旦那にも知られずに問題を解決して、子供には健やかに育ってほしいと願うでしょう。
同じ家で暮らしていても、旦那に内緒で借金を返済する方法はあります。
信頼できる弁護士に相談すれば、心も軽くなり現実的な未来の計画も立てやすくなります。
生活費はもちろん、子供の学費や家族旅行の積立も減らしたくありませんよね。
借金返済は早い段階で専門家に相談しましょう。